小平奈緒 メダルの余韻に浸ることなく世界スプリント選手権へ出発

2018年02月28日 10時25分

決戦の地へ出発する小平

 平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダリストの小平奈緒(31=相沢病院)が28日朝、世界スプリント選手権(3月3、4日、中国・長春)出場のため羽田空港から出発した。

 同大会は平昌五輪後に初めて行われる世界大会で男女500メートル、1000メートルが行われる。26日に帰国したばかりの小平は金メダルの余韻に浸ることなく、前回大会からの連覇に挑む。「日本の空気を吸うだけで落ち着けるので充電できた。東京では自転車をこいで気持ちを切らさないで準備をした。連覇も期待されているけど、4本ゴールまで滑りきりたい」

 今回は金メダリストとして多くの注目を集めるが、気負わずこれまで通りのスタンスで臨む。「金メダリストに執着するのではなく、リンクレコードを出すという自分のやりたいことを見失わずにベストを尽くしたい。(大会本番まで)2日しか滑れないけど、向こうのリンクの感触を感じながらしっかり調整していきたい」と語った。

 金メダルという大目標を達成した後でも燃え尽き症候とは無縁。「五輪が終わったら気持ちが盛り上がってこないのかなと思ったけど、(平昌五輪で)銀メダルだった1000メートルの悔しさもある。(今大会で)リベンジしたい気持ちでモチベーションも高まっている」と、やる気をみなぎらせた。