吉田知那美が宣言 “カーリングを国技に!”

2018年02月27日 16時30分

笑顔でメダルを披露する(後列左から)吉田夕、鈴木夕湖、吉田知、藤沢五月、本橋。前列左から佐藤綾乃、高木菜那、羽生

 平昌五輪カーリング女子で日本初となる銅メダルを獲得したLS北見の吉田知那美(26)は「先輩方が長野(五輪)からつないだメダルだが通過点。カーリングはマイナーだけれど、これからも納得のいく成績を出して『日本の国技』にする」と言ってのけた。競技の普及は長年の課題。それだけに、カーリング人気の定着に向けて妹の吉田夕梨花(24)も「五輪以外でも常に注目されるようにしたい」と話した。

 主将の本橋麻里(31)も銅メダルに「“頑張ったね”という意味と“まだまだ頑張れるよ”という意味の(メダルの)色」と話し、日本のカーリングのさらなる発展を誓った。