【女子マススタート】2位キム・ボルム 国旗に土下座「国民の皆さんに謝りたいと思った」

2018年02月24日 23時35分

2位に入ったキム・ボルム(ロイター)

【韓国・江陵24日発】平昌五輪スピードスケートの新種目・女子マススタートで、高木菜那(25=日本電産サンキョー)が団体追い抜きに続く、今大会2個目の金メダルを獲得。2位には団体追い抜きで内紛を起こし、韓国国民の怒りを買ったキム・ボルム(25=韓国)が入った。

 レース後は国旗に土下座。表彰式で銀メダルを受け取っても、うつむいたまま表情を崩すことはなかった。記者会見でも厳しい質問が飛び「今大会ではいくつかのことが起きた。国民の皆さんに謝りたいと思った」と土下座の理由を説明。「やり直したいことがあるか?」との問いかけには「競技の後は後悔はしません。いつもベストを尽くしているから」と神妙な様子で答えた。