【カーリング女子】韓国に延長戦で敗れる メダルかけ3位決定戦へ

2018年02月23日 23時24分

勝利を喜ぶ韓国。藤沢(右)はぼう然

【韓国・江陵23日発】平昌五輪のカーリング女子準決勝でLS北見の日本は開催国の韓国に延長戦の末に、7—8で敗れ、決勝進出を逃した。メダルをかけて3位決定戦(24日)で英国と対戦する。

 第1エンド、韓国がナンバーワン〜4までを占める中、日本はスキップの藤沢五月(26)が2投目でダブルテークアウトを狙うも勢いが足りず、1つはハウスからはじき出せずに3点を取られてしまう。第2エンドは藤沢のファインショットで2得点と巻き返したものの前半を終えて3—6と、韓国にリードを許す苦しい展開となった。

 7分間の休憩時間「もぐもぐタイム」ではいちごを食しながら作戦会議。しかし、後半戦に入っても韓国の巧みな戦略の前になかなか点差を詰められない。4—7で迎えた第9エンド、後攻の日本は複数得点を取るしかない場面で、藤沢の第2投が正確に決まり2得点。6—7に追い上げた。

 第10エンドでは不利な先攻ながらも韓国の最終ショットがわずかに流れて、ナンバーワンを奪って加点し、ついに同点とし、延長戦に突入。その第11エンドでは先攻でも最後まで粘り、藤沢の最終投でナンバーワンを取るが、後攻の韓国に取り返されて、惜しくも敗戦となった。

 男子の3位決定戦はスイスがカナダを7—5で下し、銅メダルを獲得した。4連覇を逃したカナダは、1998年長野冬季五輪からの連続表彰台も5大会で途絶えた。