【スノボ・ビッグエア】藤森由香“有終の美”へ「フロントサイドダブルコーク900」で勝負

2018年02月21日 18時52分

藤森由香

【韓国・平昌21日発】スノーボード・ビッグエア女子予選2位の藤森由香(31=アルビレックス新潟)が練習を公開。「予選でやったバックサイドナイン(900=2回転半)と、今日練習していたフロントサイドのダブルコークナイン、この2つを決勝でやりたいと思います」とさらに攻めの姿勢を見せた。

 日本勢最高の9位だったスロープスタイルからの勢いが持続し、「決勝に残れて幸せでいっぱい」と乗りに乗っている。フロントサイドダブルコーク900は実戦では決めたことがない大技だが、2年前の秋から取り組み、練習では成功させてきた。

 五輪に挑むのは最後と決めている。目指すは有終の美だ。「本当にこれが最後になってしまうのかと思うと、寂しい部分があるんですけど、自分のやりたかったことでしっかり決勝まで残ることができて、自分の滑りを皆さんに見てもらえるチャンスが得られたので、すごく楽しみです。最後の大会、思い切り楽しく、いい演技を披露できたらいい」と完全燃焼を誓った。

 一方、予選7位の鬼塚雅(19=星野リゾート)は「厳しい気もちょっとしているんですけど、全員が全員(着地で)立ってくるわけじゃない。メダルを取りにいけたら」と前を向いた。