【フィギュア女子SP】坂本花織 自己ベスト73・18点「このまま突っ走りたい」

2018年02月21日 13時41分

自己ベストをマークした坂本花織

【韓国・江陵21日発】平昌五輪フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(17=シスメックス)は73・18点の自己ベストをマーク。最終グループ(6人)を残し、この時点でトップに立った。

 第4グループの1番目で登場した坂本は前半のスピン、ステップをきれいに決めると、後半も2連続3回転などジャンプをすべて成功させた。「すごくうれしいです。最後まで集中してできた。今までのSPで一番いい。滑る前に(中野園子)先生に『できるよね?』と言われ『できます』と言ったら、『表情が硬いよ』と言われて笑顔になりました。ここまで勢いで来れたので、フリーはそのまま突っ走っていけたら」と話した。