【カーリング男子】日本は強豪スウェーデンに完敗し3勝3敗

2018年02月18日 22時27分

【韓国・江陵18日】平昌五輪カーリング男子1次リーグで、世界ランキング8位の日本・SC軽井沢クは、ここまで5連勝中で世界2位の強豪スウェーデンに4―11と完敗し、通算3勝3敗とした。

 日本はこの日、8―2で勝った米国戦に続き2試合目。第1エンドでは両角友佑(33)の2投目がまさかのミスショットで、ハウス(円)をスルー。最終投では後攻のスウェーデンに3つ目のストーンを中央につけられて、いきなり3点を与えてしまう。

 前半の第5エンドを終えて2―5とリードを許す中、4―6と追い上げて迎えた終盤の第8エンドでまさかの大量5得点を許し、日本がコンシード(ギブアップ)。第7戦(20日)ではカナダと対戦する。