【カーリング男子】日本は強豪スイスに敗れ1勝2敗

2018年02月16日 23時13分

【韓国・江陵16日発】平昌五輪の男子カーリング1次リーグが行われ、SC軽井沢クの日本は第3戦で強豪スイスに6—5で敗れ、3試合を終えて1勝2敗となった。

 日本は第1エンドでいきなり3点を奪われるも徐々に盛り返し3—4で迎えた第5エンドではミスでナンバーワン、2ストーンが残る中、最終投でスキップの両角友佑(33)がダブルテイクアウトに成功。スイスに加点させなかった。日本は3—5で迎えた第8エンドに2点を取り同点。しかし第9エンドではスイスに不利な先攻になるようにスコアレスにされると、第10エンドでスイスに得点されて6—5で敗れた。

 日本は第1戦でノルウェーに6—4で勝利したものの、第2戦では英国に5—6で敗戦している。1勝2敗の日本は第2戦(17日)でイタリアと対戦する。