【カーリング男子】日本20年ぶり五輪白星 強豪ノルウェーに競り勝つ

2018年02月14日 23時10分

強豪ノルウェーを下した日本(ロイター)

【韓国・江陵14日発】カーリング男子1次リーグが始まり、世界ランキング8位、日本代表のSC軽井沢クは、世界選手権優勝の実績を持つノルウェーに6―4で逆転勝利し、好スタートを切った。男子が五輪で勝利するのは1998年長野大会以来、20年ぶりだ。

 日本は世界ランキング3位の強豪を相手に第2エンドから第4エンドまでに1点ずつを加え、第6エンド終了時点で3―3。スキップの両角友佑(33)は初戦を前に「ベテランのチームで安定感がある。粘ってショットをつなげたい」とポイントを挙げていたように、互角の展開で後半戦に突入した。

 第7エンドで2点を加えると、5―4となった第9エンドでは、2点を取るチャンスの最終投でストーンが微妙な位置に止まり、まさかの1点どまり。ただ、迎えた第10エンドではノルウェーにミスが出たこともあり、日本が6―4で勝利。次戦は15日に英国と対戦する。