【女子モーグル】村田愛里咲 得点伸びず決勝2回目進めず

2018年02月11日 21時45分

決勝2回目進出を逃し悔しがる村田

【韓国・平昌11日発】フリースタイルスキー・女子モーグル決勝1回目で、村田愛里咲(27=行学学園教)は70・77点で18位に終わり、上位12人による決勝2回目進出を逃した。

 五輪は3大会連続出場で、初出場となった2010年バンクーバー大会では8位入賞。4年前のソチ大会でも決勝進出を果たすが、直前の練習でヒザを負傷して棄権した。その悔しさを晴らすため、懸命のリハビリで筋力を強化。9日に行われた予選では74・13点の9位に入り、手応えはつかんでいた。

 注目の第1エアはフルツイスト(伸身後方宙返り1回ひねり)をしっかり着地。第2エアでは伸身のバックフリップを決め、タイムも30秒51とまとめた。だが、途中のコブにはじかれたことが影響して得点は伸びず、無念の敗退となった。