【ジャンプ】8度目五輪の葛西あわやの落選危機

2018年02月08日 16時30分

葛西は1、2本目は重圧でジャンプに失敗

【韓国・平昌7日発】ノルディックスキー・ジャンプ男子の“レジェンド”葛西紀明(45=土屋ホーム)が冬季五輪史上最多となる8度目の出場にして五輪の怖さを思い知らされた。8日の個人ノーマルヒル予選(HS109メートル、K点98メートル)に向けた公式練習で4年前のセオリーを打ち砕かれ、あわや落選危機。日本選手団旗手の意地で出場にこぎつけたものの、土俵際からの発進となった。

 狂った歯車はなかなか戻らなかった。公式練習の1、2本目。葛西のジャンプにキレがない。おまけに五輪の重圧にも襲われた。「出場しなきゃならないというプレッシャー、8回目というプレッシャーもあって硬くなってしまった。脈もドキドキして、試合と同じ気持ちで緊張しているなと感じた。2本飛んだ時点でダメかなと思った」

 8度目の五輪にして再び味わうデビュー戦のような感覚。3本目は着地のテレマークを入れずに距離を延ばす作戦で98メートルを飛んで代表に滑り込んだものの、葛西は「しょっぱいジャンプだった」とひたすら猛省した。

 調整には万全を期したはずだった。五輪前は札幌で休養。この日の昼間の公式練習を欠場し、夜の3本に集中した。4年前のソチ五輪も同様の手法で挑み、個人ラージヒルで銀、団体で銅と2つのメダルを獲得したが、平昌では自分の形に持ち込むことができず完全に裏目になってしまった。

 今回は、竹内択(30=北野建設)が補欠に回ったが、斉藤智治監督(61)は「(葛西が)3本目に失敗していれば(選考は)迷っていた」と本紙に明かしたように、綱渡りの選出だった。ノーマルヒルは苦手だが、今後は個人ラージヒル、団体とメダルを狙える種目が続くだけに、この“失敗”を生かし、ここから上げていくだけだ。

 実際に、45歳での加齢による体力低下を感じさせない。横川朝治コーチ(51)は「代表の中でスポーツやったら全部一番。バレーもテニスもバドミントンも全部ケタ違いですし、そう考えれば何の衰えもない」と目を見張る。今季W杯は5位が最高。ジャンプさえかみ合えば、若手に負けないパワーを秘めている。

 日本勢は今季W杯開幕戦優勝の小林潤志郎(26=雪印メグミルク)が「ジャンプの内容的には今までで一番いい」と話すなど、全体的に波に乗っている。

 葛西らジャンプ男子が日本勢の先陣を切るだけに、まずは華麗な飛躍を披露し、勢いをつけたいところだ。