【平昌五輪】小平奈緒「金」に追い風!敵地でタイムも「扱い」も異例事態

2018年02月08日 16時30分

金メダルに向けて小平は絶好調

【韓国・江陵7日発】平昌五輪の有力な金メダル候補に挙げられるスピードスケートの小平奈緒(31=相沢病院)が、現地で「異例」の扱いを受けている。この日は女子500メートルのタイムトライアルに参加し、非公式ながら自身の持つ平地での世界最高記録(37秒07)を上回る37秒05の好タイムを叩き出したが、現地入り後も絶好調をキープしている裏にはアウェーを感じさせない“空気”がある。

 500メートルでは昨季から国内外のレースで驚異の24連勝中。無双状態を続ける小平が、直前のタイムトライアルでも圧巻の滑りを見せた。

 1年前に同じ江陵オーバルでマークした37秒13を上回る好タイム。100メートルを10秒33で通過し、あっという間に同走の郷亜里砂(30=イヨテツク)とは体一つの差。その後は余裕すら感じさせる滑りで突き放した。

 郷の出した37秒61も、この日の参加選手の中では2番目の好タイムだったが、小平は完全に別次元。それでいて本人は「私の中ではすごいタイムとは思っていない。まだ修正点も多いですし、今の疲れ具合で、練習通りのスピードなのかなと思っています」と、何の驚きもなく、さらりとレースを振り返った。

 メダル候補の一角である郷も「100メートルから力の差があって、今の状態だとこれぐらい離されてしまうんだと思った」とお手上げ状態。唯一のライバルと見られる女子500メートルで五輪2連覇中の開催国スター、李相花(28=韓国)は不参加だったが、与えたインパクトは十分だった。

 一方で「氷速女帝」と呼ばれる李のライバルとあって、日本のスケート選手としては「異例」と言っていいほど、小平は韓国での知名度が高い。韓国紙記者の男性は「我々メディアは高木姉妹(菜那、美帆)ら、何人もの日本人選手を知っていますが、今の時点で一般の人が知っているのは小平選手だけでしょう」と打ち明ける。

 それだけ、韓国では李に人気と注目が集まっているということ。女子500メートルはそんな人気者と小平の日韓対決。野球やサッカーの日韓戦のように「完全アウェー」で、観客から日本選手に対してブーイングややじが飛び交い、時にはグラウンドやピッチに物が投げ込まれる…などと、ライバル心むき出しの異様な空気すら想像してしまう。

 ところが、前出の韓国記者は「韓国のファンは小平選手を李のライバルとは思っていても、敵視しているわけではない。(小平が勝った)昨年のプレ五輪(世界距離別選手権)でもそうだったように、今回も小平選手が金メダルを取ることがあれば、観客はそれを祝福するでしょう」。

 何とも意外なことに、小平が勝っても和やかな雰囲気になると予想しているのだ。現在の小平には、宿敵の味方さえ納得させるほどの圧倒的な実力と“カリスマ”があるということだろう。

 この日の滑りを「キレがなかった」と自己評価した小平は「大歓声の中で体に何か燃えるようなものがあると思うので、それをしっかり生かしたい」と、観客の熱気を味方にしてほんのわずかな足りないピースを埋める考え。大挙押し寄せるであろう開催国・韓国の李ファンがライバルにも好意的であるとすれば、本番ではキレ味抜群の小平が見られそうだ。