【スピードスケート】会場の空調が物議 追い風で後半勝負は不利!?

2018年02月07日 16時30分

江陵オーバルのコースには本物の追い風が吹いている

【韓国・江陵6日発】作戦にも影響あり!? 平昌五輪でスピードスケートの会場となる江陵オーバルの空調が、選手たちの物議を醸している。ちょうど1年前に行われた世界距離別選手権では好記録が連発。当時から天井に設置された「送風機」とみられる空調設備により「コースに追い風が吹く」と評判なのだ。

 長い距離を滑る選手ほど敏感なようで、この日の練習後には男子5000メートルや団体追い抜きに出場を予定しているウイリアムソン師円(22=日本電産サンキョー)が強く反応を示した。「滑る前から旗がバタバタしていた。昨年ほどではないように感じるけど、今年も風は吹いている」。1周する間には当然、逆方向の直線があるが、どちらに向かって滑っている時も追い風だという。

 女子5000メートルの押切美沙紀(25=富士急)も「敏感なほうじゃないので昨年との比較は分からないけど、昨日と今日だったら、昨日のほうが感じた」と風についてコメントした。

 どの選手に対しても、平等に同じ風が吹くとしても、レースへの影響は避けられない。ウイリアムソンは昨年の経験から「後半に足が止まったと感じてからでも、あまりラップが落ちない」と証言。前半から飛ばした選手でも最後までペースが落ちないため、後半勝負の作戦は成り立たないというのだ。

 もちろん、この風が人為的にコントロールされているとすれば大きな問題だが、風は目に見えないだけに不正を見つけるのは困難。クリーンな運営が行われることを信じるほかはなさそうだ。