• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 「貴の乱」を援護した大鵬

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「貴の乱」を援護した大鵬


ページ: 1 2
大鵬追悼 綱の道外伝(上)

 史上最多の優勝32回を誇る第48代横綱・大鵬の納谷幸喜氏(享年72)が、19日に心室頻拍のため都内の病院で亡くなり、昭和の偉人がまた一人、この世を去った。柏戸とともに「柏鵬時代」を築いた納谷氏は2010年3月、自ら激動の半生を振り返る「綱の道」を本紙で連載。当時のインタビューでは記事化されなかった数々の秘話や本音を告白していた。それらを3回にわたって“追悼公開”する。

 2010年2月1日、角界が大きな衝撃に包まれた。日本相撲協会の理事選に、貴乃花親方が二所ノ関一門の反対を押し切って強行出馬。大方の予想を裏切り、初当選を果たしたのだ。その夜、貴乃花親方は自らのグループの親方を率いて納谷氏宅を訪れ、当選を報告した。この「貴の乱」で大きな役割を果たしたのが、他ならぬ納谷氏だった。

 納谷氏は生前、本紙インタビューでこう打ち明けている。「二所ノ関一門が(貴乃花親方を)破門にすると言ってきた。私に言わせれば『何を言ってるんだ』と。自分のことだけを考えてやるのはダメなんだ。協会の将来とか全体を、いろんなことを考えていかないといけない」。納谷氏によると、実は貴乃花親方はこの4年前、すでに06年ごろから理事就任に意欲を見せていたという。

「私は貴乃花に4年前から『待て』『待て』と言って(出馬を)待たせていたんだ。ただ、今回は『もうそろそろ、いいだろう』と。これ以上待たせていたら、遅れてしまうからな」。ここで納谷氏の言う「遅れてしまう」とは、将来の理事長就任のことだ。理事当選を果たしても、すぐに要職に就けるわけではない。まずは一理事として下積みが必要となる。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!