アイスホッケー・スマイルジャパンがフィンランド遠征出発 五輪前哨戦で好守チェック

2017年12月07日 13時28分

笑顔でフィンランド遠征に出発した大沢ちほ

 平昌五輪アイスホッケー女子日本代表スマイルジャパンが7日、成田空港からフィンランド遠征に出発した。

 同遠征ではフィンランド、ロシア、スウェーデン、ドイツとの5か国対抗戦に臨む。スウェーデンとは平昌五輪の予選リーグ初戦(2月10日)で対戦することが決まっており、大事な前哨戦となる。

 山中武司監督(46)は「自分たちが取り組んできたことがどれだけうまくいくか、攻守にわたってチェックしたい。勝つことが何より自信になる」“先手必勝”〟の構えを示した。

 前回ソチ五輪に続き、主将を務めるFW大沢ちほ(25=道路建設ペリグリン)は「スウェーデンとは2013年から試合をしていない。しっかり勝って『日本と試合するのは嫌だな』って感じさせられるようなゲーム展開ができたらいい」と腕をぶした。