【バドミントン】対戦相手お手上げ 桃田は別次元

2017年12月01日 16時30分

ベスト8入りした桃田賢斗

 バドミントンの全日本総合選手権3日目(30日、東京・駒沢体育館)、男子シングルス2回戦で桃田賢斗(23=NTT東日本)が古財和輝(31=龍谷大職)を2―1で下し、ベスト8入りした。桃田は違法賭博による試合出場停止処分が5月に解除され、国際大会では5連勝中と絶好調。初戦で桃田に負けた猪熊心太朗(21=日大)は「あんな人は他にいません。すごいです」、古財も「やってみて、なおさらそのすごさを感じた」と脱帽するように元世界2位の実力に疑いはない。桃田は停止期間中に取り組んだ「フィジカル強化のおかげ」と表情を緩めた。決勝に進めば日本代表に復帰できるが、まずは優勝で完全復活をアピールしたいところだ。