【卓球】平野美宇 W杯4位にショックなし「これから頑張っていきたい」

2017年10月31日 20時56分

 卓球の女子ワールドカップ(カナダ)を終え、平野美宇(17=エリートアカデミー)が31日、羽田空港に帰国した。昨年大会に続く連覇を狙ったが、準決勝では中国の世界4位・劉詩雯にストレート負け。3位決定戦でも敗れ4位だった。「ショックを受けるほど競らずに負けたので、ショックというよりは、これから頑張っていきたいと思う」と気持ちを切り替えた。

 現地の空港では、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦・スケートカナダに出場していた本田真凜(16=関大高)とばったり会う偶然も。「びっくりしましたよ〜。『試合お疲れさま、びっくりしたね。中国大会、頑張ってね』って話をしました」と笑顔で振り返っていた。