• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 把瑠都 自業自得の“転落人生”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

把瑠都 自業自得の“転落人生”


【大相撲初場所(7日目・19日)】大関復帰を目指す関脇把瑠都は小結栃煌山を押し出し、7日目でなんとか4勝目を挙げた。

 この日は馬力を生かして前へ出る把瑠都らしさを見せたこともあり「一日一番だから。集中していきたい」と前を向いたが、残り8日間で6勝が必要だけに勝っても悲壮感が漂った。北の湖理事長(元横綱)は「ここから10勝挙げるのは大変厳しい」と上位陣との対戦となる後半を見越して話すなど、大関復帰は厳しい状況に追い込まれていることには変わりない。

 昨年の初場所は14勝1敗で初優勝。ただ秋場所で右足親指を剥離骨折し、途中休場すると、カド番で迎えた九州場所は左太もも裏の肉離れで再び休場に追い込まれ、大関から陥落。相次ぐ故障に泣かされたわけだが、角界関係者は「不運」とは捉えていない。

 ある幕内上位力士の師匠は「しっかり稽古をしていないから余計なけがをする。ちゃんと下半身を鍛えていれば、今ごろとっくに横綱になっている」と指摘。把瑠都は稽古量が少ないことで知られていたが、大関復帰が絶望視される中、改めて問題が浮き彫りとなった。

 1年前の優勝時には白鵬から「次の横綱は把瑠都」とまで言われたが「身から出たサビ」というしかないようだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!