皆川夏穂&ディナ・アベリナ 日露新体操エースが会見

2017年09月26日 20時20分

ディナ・アベリナ(左)と皆川夏穂

 新体操のイオンカップ世界クラブ選手権(28日~10月1日、東京体育館)に出場する選手の合同記者会見が26日、都内で行われ、世界選手権で個人総合5位に入賞し、種目別のフープでは銅メダルを獲得した皆川夏穂(20=イオン)が出席した。

 日本勢の個人種目では42年ぶりとなるメダルを「すごくうれしい」と笑顔で振り返る一方、「まだまだ精度や技の正確さを改善しないと」と課題も設定。東京五輪を前に「これからもまだ上を目指す」とさらなる飛躍を誓った。

 今大会は7回目の出場で「日本では久しぶりの試合。雰囲気を楽しみながら、練習してきたことを最大限見せる」と意気込んだ。

 会見には世界選手権で個人総合金メダルを獲得したディナ・アベリナ(19=ロシア・ガスプロム)も出席。女王として臨む大会に「全てリセットして新しい気分。私はもっともっとできるということを見せたい」。

 山崎浩子強化本部長(57)はアベリナを「投げの動作がすぐつながっている。どこを切り取っても見逃せない」と絶賛。皆川については「エレガントさでいえば世界一」と大きく評価した。その上で「新体操はすてきだと感じさせてくれる」存在だと評し、活躍に大きな期待を寄せた。