【バドミントン】“タカマツ”ペアが決勝進出

2017年09月23日 18時22分

決勝進出を果たした高橋礼華(左)と松友美佐紀

 バドミントンのジャパン・オープン5日目(23日、東京体育館)、女子ダブルス準決勝で高橋礼華(27)、松友美佐紀(25=ともに日本ユニシス)の“タカマツ”ペアが福島由紀(24)、広田彩花(23=ともに再春館製薬所)組にストレート勝ちし決勝に進出した。

 高橋は「2戦連続で負けている相手。何も失うものはないと向かっていった」と振り返り、「昨日と明らかに変わった。格段に自分たちのプレーが良かった」と自賛した。松友も「自分たちのプレーができれば負けることはない。毎日の反省を生かして、やりたいことを準備している」と胸を張った。

 昨年は準優勝だっただけに「勝ちきってこそ本当に強い人」(高橋)、「ホームで皆さんの力をいただいて声援に応えたい」(松友)と必勝を誓った。