【ジャンプ】高梨沙羅が平昌五輪へ向け新メンタル強化術

2017年09月23日 16時30分

スロベニア合宿に出発した高梨沙羅

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20=クラレ)が平昌五輪金メダル獲得への“新習慣”を明かした。

 22日、羽田空港からスロベニア合宿に出発した高梨は「自分ともっと話し合う時間がソチ(五輪)の時は足りなかった。自分と向き合う時間は大事。その日によって最低でも30分は取るようにしています」。

 今オフから始めているという具体的な“新習慣”は、お風呂につかっている時や、一日の終わりの時間に自問自答する。気づいたことはメモ帳やケータイに残し、練習で行き詰まった時などに見返す。オフの時も欠かさない。

「何も考えないでボーッとする時間もいい。練習の内容が薄い一日だったとしても空白の中で何か出てくるかもしれない」

 高梨にとっては行為そのものに意味がある。昨年からスタートさせ、試合前、心を落ち着かせる効果も実感している化粧に続く“メンタル強化”のルーティンだ。

 21日には平昌五輪のメダルデザインもお披露目となった。高梨は「メダルを取れて少しでも輝けたらいい」と5か月後の本番を見据えた。