【ジャンプ】葛西と伊藤が歓喜!東京に“新基地”

2017年09月23日 16時30分

イベントに参加した葛西(右)と伊藤

 ノルディックスキー・ジャンプ男子のレジェンド・葛西紀明(45=土屋ホーム)と女子の伊藤有希(23=同)に“新基地”が誕生した。

 2人が使用するスキー板のブランド「フィッシャー」の日本1号店「フィッシャー チューニング ベース 東京」(23日オープン、東京・神田)の内覧会が22日に行われた。葛西が喜んだのはスキー板を研磨する最新のストーンマシンだ。日本に3台、世界でも30台しかなく、1台1300万円もするシロモノ。これまで必要な時はフィッシャーの本社があるオーストリアの工房まで板を持ち込んでいたが、日本にいたままでチューニングが可能となった。

 遠征から帰国した後、スキー板やブーツなどを地元北海道に持ち返ることなく次の遠征まで東京に“一時保管”できるメリットもある。強力なサポートに葛西は「まずW杯で最年長優勝という記録を塗り替えたい。そして自分が持っていない金メダルという大きな目標に向かって頑張りたい」と平昌五輪に向け、決意を新たにした。