競泳・萩野公介 少女からの手紙に「家に帰ってじっくり読みます」

2017年08月31日 19時37分

「チーム・ブリヂストン」発足アンバサダー会見に出席した萩野公介(後列中央)

 リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(23=ブリヂストン)が31日、都内で「チーム・ブリヂストン」発足アンバサダー会見に出席した。

 萩野は「2020年東京五輪に向け今、努力している。自国開催の五輪を現役として迎えられることが一番の幸せ。最高の結果を残せるよう一日一日を大切に頑張っていきたい」と意気込んだ。

 イベントで子供たちの質問に答えた萩野は、現在競泳を習っているという少女から手紙を受け取ると、その場で開封せずに「家に帰ってからじっくり読みます」と乙女心をくむ優しさを見せた。

 会見には、アイスホッケー女子日本代表スマイルジャパンのGK藤本那菜(28=ボルテックス札幌)らも参加した。