ボルトの爆走呼んだ美尻写メ

2013年01月12日 11時00分

「人類最速の男」ウサイン・ボルト(26=ジャマイカ)の金メダルの原動力はモデルの彼女の“お尻画像”だった!! 新年早々ブッ飛んだニュースが配信された。昨年のロンドン五輪の陸上男子短距離で金メダル3個を獲得したボルトの最大のモチベーションは、恋人から送信された美しいヒップの画像だったことが判明したのだ。どうりで、100メートル決勝直前に無法者によって投げ込まれたペットボトルにも動じなかったわけだ。

 昨年9月、ボルトは金メダル3つを獲得できた理由について、「恋人と秘密のデートをしたからだ」と話していた。五輪期間中にデート? そんなはずはない。これまで具体的な内容は不明だったが、ボルトがいうデートとは、どうやらメール交換だったようだ。しかも彼女のお尻の画像を送ってもらっていたというからやはりこの男はタダ者ではなかった。この衝撃の新事実は7日までに英紙「サン」が報じた。

 ロンドン五輪時、ボルトは英陸上選手でモデルのミーガン・エドワーズ(22)と交際していたという。ミーガンの友人によると、100メートル決勝前、ミーガンは自分のお尻の画像と「フィニッシュでは私のお尻のことを思ってね(笑い)」とのメッセージをボルトに送信した。

 世界最速男はそのメールに対し「そうするよ」とそっけなく答えた。そして、ボルトは決勝で9秒63の五輪記録で連覇を達成。ペットボトル男の妨害を気にも留めなかったのは、頭の中がゴールテープの先にイメージした彼女の魅力的なお尻でいっぱいだったからなのだろう。

 ところが、ミーガンは「禁欲を貫いているボルトに、迷惑なメールを送ってしまったかも」と反省し、そんな内容の祝福メッセージを送信するとボルトは「君のお尻のことを考えていたよ」と返信したというから、さすがというほかない。そして4日後、ボルトは続く200メートル決勝の前に「より速く走るためにさらにモチベーションを高めたい。200メートルでも写真が必要だ」とメッセージを送った。ミーガンは写真の送信を忘れてしまったものの、ボルトはきっちり優勝。さらに男子400メートルリレーの前にも「世界記録を出すには写真が必要」と懇願。ミーガンは応じ、ボルトはチームメートとともに世界記録を樹立し3つ目の金メダルを獲得した。

 ミーガンの友人は「ミーガンはボルトが3つの金メダルを手にするために適切な心構えができるよう手助けできたことを喜んでいた」と言う。
 これまで明かされなかった、まさにとっておき“金メダル級”の秘話。

 ボルトといえば、ロンドン五輪の100メートル決勝後に、選手村で午前3時までスウェーデンの女子ハンドボール選手3人とドンチャン騒ぎしたことが伝えられていた。どこまでも破天荒に思われていたが実は五輪中、ほかの選手たちが「国際恋愛」を楽しんでいるのを横目に禁欲を貫いていた。
 誰の目にも「野性児」とわかるボルトが、ムラムラ&イライラをミーガンの引き締まった「プリケツ画像」を見ることで、走る力に転換していたのだから驚いた。

 また、ボルトはミーガンに送ったメッセージの中で、五輪後にデートをすることを約束。リレーが終わった後にクラブで落ち合い、他の仲間とともにシャンパンなどで偉業を祝った。

 ボルトは、昨年6月に行われたジャマイカチームの五輪グッズ発表会で、モデルとして登場したミーガンとともにキャットウオークに登場。ボルトは一目ぼれし、携帯番号をゲット。何度もデートに誘い交際に発展した。五輪閉幕後にファーストクラスの航空券を用意し、ジャマイカにも呼んでいる。

 しかし、2人のラブラブ関係は長くは続かず、クリスマス前に破局してしまった。ミーガンの友人は「彼女は彼との距離、そして彼が常に不在であることに耐えられなかった」と明かしている。

 ちなみにボルトがミーガンの前に交際していたのは、白人女性のファッションデザイナーだったが、昨年3月、交際6か月で破局している。