• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ロッテ・益田 “強心臓”の秘密

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッテ・益田 “強心臓”の秘密


 パ・リーグ新人王に輝いたロッテ・益田には信じられない“過去”があった。心臓の病気を乗り越えてプロ入りしていたのだ。

 新人らしからぬ堂々たる投げっぷりで、ライバルチームの打者を次々に打ち取った。度胸の良さは天下一品。心臓に毛が生えていてもおかしくないほどだが、実は穴が開いていたというから驚きだ。

 和歌山の市立和歌山商高に入学。1年生の時に受けた健康診断で心臓に異常があることが分かった。精密検査を受けた結果、医者から「心臓に穴が開いている」と宣告された。「本人はそうとう大きなショックを受け、野球を止めることも本気で考えたようです」(中学時代の恩師)

 医者から激しい運動を止められ、高校1年生の時はまともに練習することさえできなかった。当時、市和歌山商高野球部を率いていた真鍋忠嗣前監督は益田が投手を希望していたことを知っていたが「負担がかからないように」と心を鬼にして内野手にした。

 真鍋前監督は「右腕の使い方がとてもやわらかい」と益田の投手としての才能を見抜いており、本人が大学に進学して野球を続けたがっていることを知ると、関西国際大の鈴木監督に事情をすべて打ち明けたうえで「投手にしてほしい」と頼んだという。益田の母・しのぶさんも「うちの子はグラウンドで死んでも本望やから」と息子が野球を続けることを望んだ。

 幸い益田は大学でひと一倍丈夫な体に成長し、心臓の心配もなくなって投手として野球に集中することができ、プロ入りした昨季は72試合に登板して41ホールドを挙げた。真鍋前監督は「高校時代に投げたくても投げれなかったジレンマが、いい方向に向かってくれたのでは」という。マウンドに立てる喜びの動悸が、益田の“強心臓”の秘密なのかもしれない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!