復路で見せた4年生のプライド

2013年01月04日 11時00分

 第89回東京箱根往復大学駅伝競走は3日、復路が行われ、往路優勝した日体大が最後までトップを譲らぬまま、11時間13分26秒でゴール。1983年以来30年ぶり10回目の総合優勝を果たした。

 4年生が意地の走りでたすきをつないだ。26年ぶりの優勝を果たした往路は3年生以下のみだったが、この日は4年生3人メンバー入り。「ぼくたちがしっかり走らないと結果は出ない」(7区・高田翔二=4年)と、最上級生のプライドで走り抜いた。

 19位に終わった前回大会直後、別府健至監督は今年3年生の服部翔太(5区)を主将に任命。4年生に悔しさがないはずがない。しかし「情けない結果を出したのは自分たち。反論できなかった」(10区・谷永雄一=4年)。3年生主将を受け入れた。

 駅伝の名門・西脇工高を率いた渡辺公二氏のアドバイザー就任もあり、ルーズになっていた生活が一変した。夜10時半の消灯を守り、お菓子も消えた。練習前のグラウンド掃除も加わり、練習も厳しさが増した。

「オンとオフの切り替えがしっかりした。前はオフばかりだった」(谷永)と、4年生たちも戦う集団へ生まれ変わった。

 往路で優勝テープを切り、この日は先輩のレースを見守った服部は「4年生とは兄弟みたいだった。最後に優勝できて、最大の孝行ができた」と笑顔を見せた。どん底からの復活を遂げた古豪が、この先も栄光の時代を築くつもりだ。