井原慶子氏率いる「LOVE DRIVE」いよいよスーパー耐久参戦

2017年03月28日 17時30分

会見に登場した井原慶子氏(中央)ら

 国際レーシングドライバーの井原慶子氏(43)が率いる国内唯一の女性だけのレーシングチーム「LOVE DRIVE RACING」が28日、都内で会見し、今年からスーパー耐久シリーズなど人気レースに参戦することを発表した。

 

 チームは2015年に発足し、昨年も参戦したラリーシリーズなどで優勝ドライバーを出すなど実績を残してきた。井原氏は「運動神経も性格もいい人が揃っている。近々アジアのレースにも参戦するつもりだし、この中から将来の国際ドライバーが出てくるものと信じている」と意気込んだ。

 

 ドライバーだけでなく、エンジニアやメカニックなども女性のみで構成されており、現役女子大生や「アジアナンバーワン弁護士」、救命救急の看護師など異色の経歴を持つドライバーもいる。

 

 芸能界でも活動し「納豆早食い世界大会第4位」という“輝かしい”実績を持つ岡村英莉(34)は「納豆が好きで世界4位になった。納豆のように粘りの走りを見せたい」と語った。