バドミントン桃田賢斗 5月に出場停止処分解除

2017年03月12日 17時28分

桃田賢斗

 日本バドミントン協会は12日、都内で理事会を開き、昨年4月に違法カジノ店での賭博行為が発覚し、無期限の競技会出場停止処分を受けた桃田賢斗(22=NTT東日本)の処分解除を決めた。銭谷欽治専務理事(63)によれば全会一致で決定し、5月15日付で解除される。

 所属のNTT東日本の更正プログラムを熱心にこなし、業務にも真摯に取り組む姿勢が解除の決め手になった。「2020年東京五輪に向け、彼自身が今回の件を教訓とし活躍することで、100%以上の信頼を取り戻してほしい」(銭谷専務理事)

 早ければ、5月下旬の日本ランキングサーキット(埼玉)で試合復帰。日本代表ではないため、国際大会出場は強化本部長の許可を受けた上で自費派遣になる。