【ジャンプ女子】沙羅W杯50勝までの重圧

2017年01月30日 16時30分

【ルーマニア・ルシュノブ29日発】ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯個人第12戦(HS=100メートル)で高梨沙羅(20=クラレ)が優勝。今季6勝目を挙げてW杯通算50勝を達成した。大台に王手をかけてから、5戦連続で優勝を逃す足踏み。その裏にあった意外な「重圧」をはね返し、価値ある大台到達となった。

 

 1回目は96メートルで2位につけると、2回目は97・5メートルと飛距離を伸ばし、合計247・3点で1回目首位のマーレン・ルンビー(22=ノルウェー)を逆転した。50勝に残り1勝と迫って迎えた札幌、蔵王大会の計4戦で0勝とまさかの失速。舞台をルシュノブに移した第11戦でも2位と足踏みが続いたが、ついにトンネルを抜け「やっと50勝。ほっとしている」と安堵の表情をのぞかせた。

 

 5戦優勝なしの“不調”の原因はどこにあったのか。それはアプローチの乱れに加え、予期せぬ重圧だった。高梨にとっては単なる通過点にすぎなかった「50勝」が意外にも「プレッシャーになっている」(全日本スキー連盟幹部)。

 

 4位に終わったソチ五輪以来の急ブレーキだった。それでも、高梨は耐えた。涙を流した少女の姿はない。取り乱すようなそぶりはなく、悔しさを胸にしまい、静かに現実を受け止めた。実際、ここ2戦は復調気配をつかんでいた。飛び出しで遅れることなく、空中でスキー板と体が平行になる理想のフォームに近づけた。

 

「50勝を日本で迎えられなかったのは、今季最大の失敗。そこを目指していたし、日本のファンに申し訳なかった」(高梨)

 

 追い詰められた経験は今後の糧になる。W杯初勝利は2012年3月の蔵王大会。大台には85戦目でのスピード到達だ。男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(27=オーストリア)が持つ史上最多の「53勝」も目前に迫った。復活した天才ジャンパーが前人未到の金字塔を目指す。