【ジャンプ女子】高梨沙羅がW杯通算50勝 史上最多まであと3

2017年01月30日 07時40分

【ルーマニア・ルシュノブ29日発】ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯個人第12戦(HS=100メートル)で高梨沙羅(20=クラレ)が優勝し、今季6勝目、通算50勝を達成した。

 1本目を96メートルで2位につけると、2本目は97・5メートルと飛距離を伸ばし、合計247・3点で、1本目首位のマーレン・ルンビー(22=ノルウェー)を逆転した。

 50勝に残り1勝と迫って迎えた札幌、蔵王大会の計4戦で0勝とまさかのブレーキ。舞台をルシュノブに移した第11戦でも2位と、足踏みが続いたが、ついにトンネルから脱出した。

 高梨は2012年3月の蔵王大会で初勝利を挙げ、この日が通算85試合目。男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(27=オーストリア)が持つ史上最多の「53勝」まであと3勝に迫った。