松井のアストロズ入りほぼ絶望

2012年12月18日 11時28分

【ヒューストン発】来季、ナ・リーグからア・リーグへ移るアストロズが、レイズからFAになっていたカルロス・ペーニャ内野手(34)と1年290万ドル(約2億4000万円)で契約した。DHで起用する見込みで、最大140万ドル(約1億1700万円)の出来高が付く。


 ア軍のルノーGMは今月上旬に行われたウインターミーティング中に松井秀喜外野手(38)をDH候補の一人として挙げ、来春のキャンプでマイナー契約の招待選手として参加させる可能性にも言及していた。しかし、ペーニャの入団でほぼ消滅だろう。松井は米国での現役続行を目指しているといわれるが、取り巻く状況はさらに厳しくなりそうだ。