<全日本総合選手権連覇>タカマツ露出制限で五輪へ一直線

2016年12月05日 16時30分

 タカマツが難題克服へ休みなしだ。バドミントンの全日本総合選手権最終日(4日、代々木第二体育館)、女子ダブルス決勝でリオ五輪金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)組が米元小春(25)、田中志穂(24=ともに北都銀行)組に2―1で逆転勝ちし、2年連続5度目の優勝を果たした。

 

 第1ゲームを16―21で落とす苦しい展開にも、最後はしっかり勝ちきった。「疲れました。でも最後は自分たちのいい形を出すことができた」(高橋)、「『タカマツ頑張れ』という声援が聞こえて心強かった」(松友)と笑顔で観客に応えた。

 

 リオ五輪で日本バドミントン界初の金メダルという快挙を達成。バドミントン界の顔として多くの注目が集まった。当然テレビやイベント出演など、オファーが殺到。多くのメダリストが競技以外の活動にも精を出すなか、「タカマツへの依頼はほぼ9割断りました。本人たちの練習したいという意向でした」(日本バドミントン協会関係者)と、華やかな舞台からあえて遠ざかった。

 

 タカマツの狙いはもちろん2020年東京五輪での連覇だ。別の協会関係者は「バドミントンは五輪の連覇がなかなか難しい種目。運動量が多く、故障もあり、4年で顔ぶれは変わる」と客観的に見てもハードルがかなり高い目標。早くも新たな中国ペアなど新星も登場しており、本人たちも簡単な道のりではないことを分かっている。バドミントン以外に寄り道しているヒマはないのだ。

 

 14日からは世界のトップ8のみが出場できるスーパーシリーズ・ファイナルズ(ドバイ)を控えている。「今のままでは予選通過できるかどうか。練習をしっかりして頑張りたい」(高橋)。4年後への戦いは始まっている。