【東京五輪会場見直し】ハンドボール界が悲鳴

2016年11月29日 11時28分

 2020年東京五輪の会場見直し問題で疑心暗鬼の大混乱だ。バレーボール会場が国立代々木競技場になる計画が浮上したことで、そのあおりを食うかもしれないハンドボール界が悲鳴を上げたのだ。

 当初、代々木はハンドボールが使用する予定だったが、新設の有明アリーナ建設の是非が議論される展開になって状況が一変。バレーボールが代々木開催となれば、ハンドボールは遠く千葉の幕張メッセに“玉突き”される可能性がある。

 これについて日本ハンドボール協会の渡辺佳英会長は28日に都内で会見を開き「一部の報道で知った。なぜ我々に火の粉が降りかかってくるのか。我々は何も聞いていないし、代々木競技場開催で準備を着々と進めてきている。寝耳に水。びっくりのひと言」と語気を強めた。

 バレーボールは有明アリーナのほかに、横浜アリーナで開催する計画があったが、練習場確保などに問題が発生。29日に国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、都、政府の4者によるトップ級会合で結論が出される方針だ。今回の玉突き計画はあくまで報道による未確定情報だが、ハンドボール協会としては黙っていられなかったわけだ。

 ハンドボールやバレーボールなど団体ボール競技の日本トップリーグ機構は、一丸となり有明アリーナ新設を訴えてきた。まさかの玉突きプランで仲間割れが生じなければいいのだが…。