男女バレー新監督決定 “鬼”の中田久美氏と“挑戦”の中垣内祐一氏

2016年10月27日 16時30分

【スポーツ情報局】

 バレーボール担当記者:現役時代に人気、実力のあった2人がバレーボールの日本代表監督に決定し、26日に都内で就任会見を開きました。

 デスク:女子は中田久美氏(51)、男子は中垣内祐一氏(48)か。かつてのスター選手だな。

 記者:はい。すでにプレミアリーグの強豪・久光製薬でバリバリ手腕を発揮している中田氏は、日本バレー界史上2人目の女性監督になります。会見では「私が監督になったら、スパルタじゃないか、鬼じゃないかといわれますが、それも使うし、選手と寄り添って話すこともする」と指導方針について語りました。

 デスク:確かに、すごく厳しい指導者ってイメージはあるな。

 記者:ご本人も「ちゃらちゃらしたのは嫌いなんで。戦う集団にする」と宣言しました。でも、日本バレーボール協会関係者によれば、女性ならではの、きめ細やかな指導に定評があるそうです。久光製薬の選手一人ひとりに、それぞれのイメージの香水をプレゼントし、選手がいたく感動したとか。

 デスク:へぇ~、選手をしっかり見ていないとできないことだな。中田氏は久光製薬で3度のリーグ優勝と実績十分だけど、男子の中垣内氏は、どうなんだ?

 記者:日本代表コーチ時代の2012年に不倫騒動を起こし、3年間、バレー界から離れていましたが、「挑戦する以上、東京五輪でメダル獲得を、と思っている」と目標を語りました。

 デスク:そうか。お手並み拝見だな。