【女子バドミントン】リオ五輪へ奥原の新ユニは女子力&機能性UP

2016年06月20日 16時30分

左から栗原文音、高橋礼華、松友美佐紀、奥原希望

 リオデジャネイロ五輪バドミントン女子シングルス代表の奥原希望(21=日本ユニシス)が、悲願の金メダル取りへ勢いづいた。

 

 19日、東京都内で行われた会見では本番で使用する新ユニホームを着て登場。オレンジをはじめとする3色展開で、ブラジルをイメージした緑と黄色のラインが入る。奥原が注目したのはデザイン。定番のワンピースやタイトスカートではなく、フリルがついた女子力高めの“戦闘服”に「こんなフリフリなスコートを履くの初めて。すごく女の子らしくてかわいいなと思います。このユニホームでしっかり世界と戦っていきたい」と顔を紅潮させて喜んだ。

 

 製作を担当したヨネックスによると、ウエアは女性らしさを徹底的に追求。ウエストを絞り、フリルでAラインを強調した。もちろん、見た目だけではない。「タイトスカートだと足を広げづらい。タイトスカートに比べたら広がる。シャトルを取りにいきやすくなると思います」(関係者)

 

 相手の強打を拾いまくって反撃につなげる粘り強いプレーが持ち味の奥原にとっては、機能性の向上は追い風になる。

 

 昨年12月のスーパーシリーズ・ファイナル、3月の全英オープンとビッグタイトルを獲得。未体験の五輪に向け、奥原は「プレッシャーや期待は本当に限られた選手しか経験できない。幸せだなって思っている。いろんなことを想定して準備していきたい」とテンションを上げた。