• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 実は巨人ファンだった“浪速のダル”藤浪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は巨人ファンだった“浪速のダル”藤浪


 阪神は“浪速のダルビッシュ”こと藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)を4球団競合の末に交渉権を獲得した。

 藤浪は大阪生まれの大阪育ち。2005年には優勝決定試合を甲子園で観戦した縁もあり、まさに阪神は幼少期から慣れ親しんだ球団、と言いたいところだが、実は筋金入りの巨人ファンだ。父・晋さんは「私が巨人ファンなので。テレビは1つしかないから息子も小さい時からずっと巨人を見てきた」と明かす。藤浪も「はい、巨人ファンでした」と認めた。

 それだけに「これからアンチ巨人? いやどうですかね。そんなにコロッと変えられる性格ではないので少しずつ(アンチになる)」と複雑な思いを口にしたが、もちろん、グラウンドでは打倒Gに気持ちを切り替えるつもりだ。

「好きだった巨人の選手と対戦できるんですから。面白い。面白いです。高橋由伸さんとか、小さいころから見てきた選手と対戦できるのは楽しみですね。阪神は(巨人の)一番のライバル球団ですから。面白いですね。伝統の一戦ですし…」。さらには197センチの身長を誇示するように胸を張りながら「巨人キラー? なりたいですね」ときっぱり。

 Gファン改めGキラー藤浪は高卒ルーキーながら、早くも来季開幕からの先発ローテーション入りが期待されている。巨人戦では菅野とのルーキー対決が実現する可能性も十分にある。伝統の一戦に新たな楽しみが加わったことは間違いなさそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!