• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 菅野には大きすぎる1年のブランク

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菅野には大きすぎる1年のブランク


 ドラフト会議で、巨人は公言していた通り菅野智之投手(東海大=23)を1位指名し、交渉権を獲得した。1年間のつらい浪人生活を経て“2年越しの恋”を成就させた剛腕は久々に会心の笑みを浮かべた。とはいえ、勝負はこれから。1年間のブランクが大きな壁となって立ちふさがる危険性を指摘する声も上がっている。

 

 伯父である原監督のもとでGのユニホームを着てプレーしたい。その思いを貫いて、巨人の1位指名を勝ち取った。「小さな頃の夢だった、巨人に指名されてとてもうれしいです」

 

 最速157キロの直球を投げ込む剛腕。もし昨年オフにプロ入りしていれば、その実力なら即戦力として新人王級の活躍をしていたに違いない。それでもあえて1年間の浪人といういばらの道を選んだ。「この1年はつらいなと思うこともたくさんあり、心が折れそうな時もあった。この1日ですべてが報われたような気がします」

 

 とはいえ、やっと巨人の一員としてスタートできるメドが立っただけ。本当の勝負はこれからだ。東海大系列の野球部顧問を務める祖父・原貢氏や東海大野球部関係者、後輩部員たちの協力を得て、力を落とさないように努力してきたことは間違いない。だが、対外試合を禁じられた1年間の影響がどう出るかは、今の段階では分からない。出だしでいきなりつまずく危険性もある。

 

 苦しい場面で強打者と対戦した時の試合勘などは、仲間内だけの練習では維持するのは難しい。また菅野はここまで自分の実力を信じて浪人生活を耐え抜いてきた。プロ入り直後に打ち込まれてその自信を崩されたら、立ち直るのにはそうとう時間がかかるだろう。

 

 元ヤクルト編成部長・片岡宏雄氏も「少なくとも半年は、彼をじっくりと二軍で育てて実戦感覚を取り戻させたほうがいい」と心配している。巨人側は「ブランクの影響は心配していない」、また本人も「1年間通して活躍したい」と強気一辺倒だが…。

 

 菅野ほどの逸材はそう頻繁に現れるものではない。巨人だけでなく、プロ野球の将来を背負って立つ可能性もある“金の卵”。巨人には大切に育ててもらいたいものだ。

 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!