• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 竜のダル2世「違うのは知名度がないこと」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竜のダル2世「違うのは知名度がないこと」


【プロ野球:オラがチームのダルビッシュ(2)】中日・西川健太郎投手(18)

 中日で〝ダルビッシュ2世〟の呼び声が高いのがドラフト2位右腕の西川健太郎投手(18=星稜)だ。

 184センチの長身から投げ込むMAX147キロのキレのある直球に、右肘をしなやかに使ったきれいな投球フォーム。鈴木二軍監督は「将来は中日のダルビッシュになれる素材。フォームはもう完成されていて、これは教えてできるものじゃない。ボールの質や回転もいいし、球足が伸びてくる。体の線が細くて、スタミナがないことが課題だが、西川をダルビッシュの入団時と比べるなら、違うのは知名度がないことかな」と最大級の賛辞を贈る。

 

 小学校時代から地元・金沢市内のバッティングセンターにほぼ毎日のように通い詰めて体を鍛錬してきた。

「とにかく野球が好きで、エースで4番を目指していただけ。毎日、父(雅幸さん)に連れていってもらえたことで、継続の大切さが身についた」

 しかし、中学3年の時に雅幸さんが病死(享年57)。母・由紀子さんが女手ひとつで育ててくれた。「プロ野球選手になれたのは父と母のおかげで本当に感謝している。あとは結果を残すだけ。この世界で成功して将来は母に家を建ててあげたい」ときっぱりだ。

 

 ダルビッシュについては「たまに周囲から(タイプが)似ているとか言われるけど、自分で意識はない。向こうは力で抑えるタイプだし、それに器が全然違いますよ」と話しながらも大目標。「日本を背負ってメジャー挑戦するなんてかっこいい。憧れです」。竜のダル2世は燃えている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!