スキージャンプ・葛西 妹死去の悲しみこらえ「引きずってはいられない」

2016年01月20日 16時55分

 スキージャンプ男子の葛西紀明(43=土屋ホーム)が20日、自身のブログで妹が13日に死去したことを明かした。

「実は一週間前の13日に僕の妹が病気の為亡くなりました。38歳という若さでした」。この日はフライング世界選手権出場のため、オーストリア・バートミッテルンドルフ入りした日だった。

「着いてすぐに姉からいきなり電話があって、めったに電話をかけてこないので、電話を出る前にすぐ妹の事だとわかりました」

 葛西によると「妹は16歳の時に再生不良性貧血という血液の難病に掛かり、余命5年と言われましたが、その後 臍帯血移植という移植手術をして元気になりました」。その後は肺炎や副作用、合併症に苦しみ、何度も入退院しながら闘病生活を送っていたという。

 葛西は喪章をつけてフライング世界選手権に臨み、5位入賞を果たした。「僕は妹の為にフライング世界選手権でなんとか頑張り5位入賞し、大会が終わって直ぐに帰国しました。僕の為に葬儀を5日も遅らせてくれました。妹の旦那さんと僕の家族(父、姉)には今までずーっと妹の面倒を見てくれていたので、感謝の言葉しかないです。本当にありがとう」

 葛西は悲しみをこらえ「まだシーズン真っ只中なので悲しみを引きずってはいられません。今日から僕はまた強くなっちゃいましたよ!!」と宣言。23日のHTB杯、24日のSTV杯に出場した後、30、31日のW杯札幌大会に臨む予定で「優勝狙って頑張りますので、今後も応援宜しくお願い致します」と締めくくった。