• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 楽天二軍「鉄拳制裁」にNPB厳重注意

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天二軍「鉄拳制裁」にNPB厳重注意


 一軍だけじゃない。コーチ陣の空中分解が進む楽天で二軍首脳陣の“暴走”が表面化。球団関係者が頭を抱えている。

 今季、楽天の二軍は優勝を逃したものの、イースタン2位(27日現在)。開幕二軍スタートの選手が一軍で活躍する場面も多く、チーム力の底上げに貢献している。だが、その一方で二軍関係者からはこんな悲鳴が上がっている。

「仁村徹監督の鉄拳制裁が猛威を振るっています。特にやられているのが若いコーチたち。試合会場ではバシバシ叩かれながら指導されている場面が多々目撃されています」

 2010年以来、今季から再びファームで指揮を執っている仁村二軍監督は、星野監督が中日監督時代の選手という間柄もあり“闘将DNA”を継承する人物。もともと選手に対して鉄拳制裁も辞さない厳しい指導で有名だ。だが今季に限っては小坂内野守備走塁コーチ、平石外野守備走塁コーチら経験の浅い若手コーチへの目に余る指導が目立つという。

「戸田のヤクルト戦のときだったんですが、いつものように監督がコーチに厳しく指導していると、ヤクルト側から『ファンの見ている前であれはやめてほしい』とクレームが入ったそうです。しかも、それがNPBに伝わり、球団に厳重注意が下された」(二軍関係者)

 これには球団内からも「ちょっと度が過ぎるでしょ」。一軍は大久保打撃コーチを巡ってコーチ陣が空中分解。さらに星野監督が打撃投手に暴言を吐いた大久保コーチを一喝するなどゴタゴタが続いている。こんな状況では選手たちも大変だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【四日市競輪】GⅠ全日本選抜競輪
新田祐大が6回目のGI制覇を達成!

「平昌五輪」特集
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!