東京五輪・パラ1周年記念に〝人気マスコット〟ミライトワ&ソメイティ復活

2022年07月06日 06時15分

ミライトワ(左)とソメイティ(東スポWeb)
ミライトワ(左)とソメイティ(東スポWeb)

 東京五輪・パラリンピック1周年記念に、あの人気者が帰ってくる。

 東京都は今月から10月まで五輪・パラの「周年期間」として複数のイベントを予定している。五輪開会式に合わせて23日は東京・国立競技場で「TOKYO FORWARD」を開催。担当者は「両大会のキックオフイベントという位置づけ」と説明し、午後5時からのセレモニーではボクシング女子フェザー級金メダルの入江聖奈(日体大)、車いすラグビー銅メダルの池崎大輔(三菱商事)ら選手8人が一般参加者と4チームに分かれてリレーやゲームで交流する。

 そのセレモニーに大会公式マスコットのミライトワとソメイティが「登場しますよ」とイベント関係者は証言。都と国際オリンピック委員会(IOC)などの開催都市契約によりマスコットを含む知的財産の使用権は昨年末で終了したが、IOCとの調整で表舞台に復活する見通しとなった。

 SNS上では「#ミラソメ存続希望」というハッシュタグ付きの投稿が多く見受けられるなど今でも待望論は根強く、前出の関係者も「期待していただいている方々がたくさんいるのは認識している」と語った。

 また、同日と28日(立川ステージガーデン)の競技体験イベントにも姿を見せる可能性があるという。節目のイベントに〝ミラソメ〟が花を添えることになりそうだ。

関連タグ: