ロコ・ソラーレが開幕4連勝 藤沢五月が明かす強さの要因「お互いに理解し合っている」

2022年05月24日 21時21分

藤沢五月(©JCA IDE)
藤沢五月(©JCA IDE)

 カーリングの日本選手権1次リーグ(24日、北海道・アドヴィックス常呂カーリングホール)、北京五輪女子銀メダルのロコ・ソラーレ(LS)は、富士急を8―5で下して開幕4連勝。この日31歳の誕生日を迎えた藤沢五月に、最高のプレゼントを届けた。

 午前中の札幌協会戦に続き、粘り強い戦いを披露した。第7エンド(E)終了時点で4―4とどちらも突き放すことのできない展開が続いたものの、第8Eに複数得点のチャンスをつくったLSが3点を奪取。藤沢は「前半は我慢を強いられたが、しっかり我慢してショットを決められた。後半は自分たちで点を取ることができた」と納得の表情を浮かべた。

 今季のLSは苦しい場面を迎えても、熟練されたチーム力で何度もその壁を乗り越えてきた。「このメンバーで長くやってきて、課題を一つひとつクリアしていく中で、個々にクセはあるがお互いに理解し合って、何でこういうミスをしたのかや(リードの吉田)夕梨花のショットからアイスが変わってきたっていうのを全員でチェックできる部分は、これまで積み重ねてきた練習の成果や経験が生かされている」

 ここまで唯一無敗を維持しているLS。〝らしさ〟は今大会も健在だ。

関連タグ: