“ナオキック”石川直生が引退 

2015年06月26日 11時00分

現役引退を発表した石川

 全日本キック、K―1MAX、Krushなどで活躍し“ナオキック”の愛称で人気を集めた元全日本スーパーフェザー級王者の石川直生(36=青春塾)が25日、現役引退を発表した。9月12日のKrush後楽園大会で引退セレモニーが行われる。倒すか倒されるかのスリリングなファイトが身上だった石川は「今まで66戦やりました。僕の選手生活は66話のストーリー。キックボクサーの自分を誇りにこれからの人生を作っていこうと思います」と感無量の表情で話した。