スーツ規定違反で失格の高梨沙羅が混合団体に出場!「出場には不安があった」と悪夢を払拭

2022年03月05日 10時31分

高梨沙羅(ロイター)
高梨沙羅(ロイター)

〝北京の悪夢〟を振り払った。ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(25=クラレ)は4日(日本時間5日)、W杯混合団体第2戦(ノルウェー・オスロ、ヒルサイズ=HS134メートル)に伊藤有希(26=雪印メグミルク)、男子の小林陵侑(25=土屋ホーム)、佐藤幸椰(26=雪印メグミルク)とともに臨み、計847・5点で4位だった。

 高梨はメダルが期待された2月の北京五輪ジャンプ混合団体でスーツ規定違反により失格。チームも4位となり、責任を背負った。その後、自身のインスタグラムで謝罪した上で「引退」を示唆するほど追い込まれるなど、心身の状態が懸念された。それでも2日のW杯個人第14戦(リレハンメル)で実戦復帰すると、いきなり優勝を果たし、この日、因縁の混合団体に挑んでいた。

 残念ながら表彰台には届かなかった中、高梨は「ミックス(混合)に出ることにはすごく不安はあったんですけど」とし「チームの皆さんの力に支えられて、この場に立てていること自体が幸せなこと。みんながいてくれたのでしっかりジャンプを飛ぶことができた」とコメント。五輪ショックを払拭したようだ。

関連タグ: