小林陵侑がジャンプ週間3連勝で王手 2度目の完全制覇なら史上初の偉業

2022年01月06日 10時07分

表彰台で笑顔を見せた小林陵侑(ロイター)
表彰台で笑顔を見せた小林陵侑(ロイター)

 完全制覇に王手をかけた。ノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑(25=土屋ホーム)は5日(日本時間6日)にオーストリア・ビショフスホーフェンでW杯ジャンプ男子個人第12戦を兼ねたジャンプ週間第3戦(ヒルサイズ=HS142メートル)に臨み、137㍍、137・5メートルの合計291・3点で優勝し、伝統ある大会の完全制覇まであと1勝とした。

 第3戦は4日にインスブルックで行われる予定だったが、強風で中止となり、会場をビショフスホーフェンに移して実施した。小林陵は1回目は2位ながらも、2回目で首位のマリウス・リンビク(ノルウェー)を逆転し、ジャンプ週間3連勝となった。

 小林陵は2018~19年シーズンに史上3人目の完全制覇を成し遂げており、2度目となれば初の快挙となる。第4戦は6日に同じ会場で行われるが、北京五輪に向けて弾みをつけられるか。

関連タグ: