【カーリング】北京五輪出場へ ロコ・ソラーレが目指す理想像「過去最高のパフォーマンスを」

2021年12月01日 20時27分

藤沢五月(C)JCA
藤沢五月(C)JCA

 カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ(LS)が運命の大一番に挑む。

 平昌五輪で銅メダルに輝いたLSは、9月の日本代表決定戦を制し、日本代表に内定。世界最終予選(5日開幕、オランダ・レーワルデン)で3位以内に入れば、北京五輪切符を獲得することができる。

 今大会には韓国などの強豪チームが複数出場予定。1日に合宿先のスイスでオンライン取材に応じたサードの吉田知那美は「今回の世界最終予選は過去と比べても今までにないくらい出場チームの世界ランキングが高く、どこが勝ってもおかしくない」と警戒感を強めながらも「私たちは常に前向きな結論を出しながら進んできた。厳しい状況だが、今するべきことに集中したい。最終予選に照準を合わせたい」と決意を述べた。

 負けず嫌いなメンバーがそろうLS。スキップの藤沢五月は「毎年毎年私たちは自分たちの過去最高のパフォーマンスをするという目標でやってきた」と話すように、常に高みを見据えて心技体を磨いてきた。カー娘フィーバー再来へ、まずは北京五輪切符を勝ち取る。

関連タグ: