【重量挙げ】引退・三宅宏実 関係者が絶賛する「結果」と「人間性」

2021年11月19日 06時15分

引退を発表する三宅宏実(東スポWeb)
引退を発表する三宅宏実(東スポWeb)

 重量挙げ女子で2012年ロンドン五輪銀メダル、16年リオ五輪銅メダルの三宅宏実(36=いちご)がスポーツ界一と絶賛される人柄を武器に、コーチや国際スポーツ人として活躍を目指す。

 三宅は誕生日の18日に引退会見を開き「多くの方の支援のおかげで競技を続けることができた」と感謝の気持ちを述べた。五輪5大会で2つメダルを獲得したトップアスリート。一方で、その礼儀正しさや謙虚さから「人格者」として知られている。

 日本ウエイトリフティング協会の小宮山哲雄専務理事は「誰に対しても低姿勢。選手たちに経験談を話してほしいと頼んだら『私はそんな器ではないので』って。五輪に5回出てる人ですよ。なかなかいない。三宅さんのような選手が今後も出てきてほしい」と絶賛。結果も人間性もトップクラスの〝第2の三宅宏実〟誕生を期待した。

 三宅は現在は英語を猛勉強中。所属のいちごでコーチを務めながら、国際舞台での活動にも重きを置いていく。「コーチとして自分もしっかり高めたい。英語を使って海外との懸け橋にもなれたら」と目を輝かせた三宅。今後も大活躍が見られそうだ。

関連タグ:

ピックアップ