【ソフトボール】ビックカメラ高崎が3連覇 エース・上野は笑顔「濃い1年。本当に疲れた」

2021年11月07日 18時30分

上野由岐子【(公財)日本ソフトボール協会】
上野由岐子【(公財)日本ソフトボール協会】

 ソフトボール・日本リーグ決勝トーナメント(7日、福島県営あづま球場)、決勝が行われ、ビックカメラ高崎(リーグ1位)がトヨタ自動車(同2位)を3―0で下し、前身を含めてチーム史上初のリーグ3連覇を達成した。

 先発の浜村ゆかり投手が4回無失点の好投を見せると、5回からはエース・上野由岐子投手が登板。3回を1安打3奪三振無失点に抑えた。打線も6回に4番で二刀流の藤田倭投手が先制となる適時二塁打を放ち、勝利をつかみ取った。

 自らの投球で流れを引き寄せた上野は「最初の打者に意識し過ぎて慎重になり過ぎて、カンと打たれたので、逆に吹っ切れてよかった」と振り返った上で「3連覇っていうのは(前身の)ルネサスの時代から一つの大きな壁としていたので、今回達成できて、自分自身の一山越えたかなって安どもある」と笑顔を見せた。 

 今夏は東京五輪もあり、大忙しのシーズンだった。「本当に濃い1年。いろいろあり過ぎて本当に疲れた」と苦笑いを浮かべたが、また1つ新たな勲章を手にした。

関連タグ:

ピックアップ