• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 岩隈メジャー志向の背景に球団不信

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩隈メジャー志向の背景に球団不信


 楽天・岩隈久志(30)がメジャーへの思いを強くしていった背景には、夢や憧れだけではなく球団フロントへの不信感もあった。

 21勝を挙げた2008年オフに岩隈は3年総額10億円の複数年契約を結んだ。その内訳は「3億円、3億円、4億円」だったというが、昨オフになって事態は変わった。

「フロントが『3億円は出せるが、残り1億円分の捻出が困難になった』と言い始めたんです。そこで岩隈に(不足分の)1億円を支払うための条件を、突然あれこれ付け始めたというんです。契約ですから本来なら問題なく支払われるべきものだけに、当然大モメとなりました」(球団関係者)

 結局、フロントは「5000万円をチケット収入などの営業面で、残り半分は年俸5300万円の渡辺直人(横浜)の金銭トレードで補った」(チーム関係者)が、これをきっかけに岩隈は球団への不信感を抱くようになったという。

 さらに両者の溝を深めたのが、星野監督就任で育成から補強主体へと一変した球団の編成方針だ。別のチーム関係者によれば「岩隈は『なんで生え抜きの若手を伸ばすことをせず、外から獲ってくるのか』と、編成を含めた球団フロントへの不満を周囲に口にしていたことがあった」。さらには「(負傷して)ファームにいた時に『ファームはいいですね。勝利に向かって真っすぐに、一丸となってやっている姿がいい』とこぼした。それだけ、現体制への不信感があったんでしょう」(同)という。

 昨年11月23日のファン感謝デーでは「(楽天での)7年間で成長させてもらった」と球団への感謝を口にした岩隈だが、この調子だと将来的に日本球界へ復帰することがあっても、楽天のユニホームに袖を通すことはなさそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!