【スノーボード】35歳ショーン・ホワイト 北京五輪の次もあるかも?

2021年10月23日 14時35分

ショーン・ホワイト(東スポWeb)
ショーン・ホワイト(東スポWeb)

 五輪スノーボード男子ハーフパイプで3度金メダルを獲得しているショーン・ホワイト(米国)が、5度目となる北京五輪出場を明言。35歳の大スターの〝その先〟にも注目が集まっている。

 19日、オンライン会見で北京五輪を目指して練習していることを明かしたホワイト。米「USA トゥデー」は「ショーンは北京が最後の五輪とは言わず、5回目の五輪に向け練習していると発言している」と、北京のその先について注目して報道した。

 会見で北京が最後になるかについて、ホワイトは「いつも(最後かと問われ)『メイビー』と言っているけど、それはそう感じるから。そして時間が進んで『いい感じだ、やる気がある、興奮している』と思っているうちに、ドカン!と次の大会に出てしまう」と、未定を強調。フィーリング次第では、次の2026年大会出場の可能性もあることを匂わせている。

 世界中のスノーボーダーから憧れられるスーパーレジェンドに、年齢の壁などなさそうだ。

関連タグ:

ピックアップ